任意整理、自己破産、過払い請求などの情報が満載のサイト!

 
任意整理で人生整理
任意整理で人生整理

自己破産と保証人の問題

自己破産すると保証人に迷惑が掛かるのか

債務者本人が自己破産をして免責されたとしても、それは、借金の保証人に定められている人には何の影響もありません。
よって、債務者の他に保証人・連帯保証人ががいるのであれば、今度は保証人の方に借金の督促が集中することになってしまいます。だからと言って、保証人に迷惑はかけられないという気持ちから、自己破産を躊躇したとしてもこれは何の解決にもなりません。

ですから、まず自分が自己破産をする前に、必ず保証人のところにも今の実情を正直に話して、その保証人を含めたうえでの債務整理を考える必要があります。場合によっては保証人も自己破産をしなければならない可能性がでてきますが起こってしまったことは仕方がありません。

とにかくここで大切なことは、保証人に対して、誠意を持って事態の全てをきちんと説明するということであり、またそのような義務が債務者にはあるのです。

友人が勝手に健康保険証を持ち出して借金をした場合に支払い義務はあるか

これは名義の無断使用にあたるので支払う必要はありません。
お金を借りるには、貸主(サラ金業者)と借主(あなた)が金銭消費貸借契約を締結する必要があります。しかし、今回の場合は名義が無断で使用されているので、そもそも金銭消費貸借契約が成立していないので、当然支払い義務はありません(これは、友人に限らず第三者に盗まれた場合も同様です)。

よって、取立てを止めてくれないサラ金業者に対しては、友人が勝手に健康保険証を利用して利用者名義で借金をしたという一連の事情を説明して、自分には支払い義務がないという旨の内容証明を業者側に出す必要があります。それでも、ダメならば債務不存在確認訴訟を提起するのが一番賢明でしょう。

現状では、サラ金業者は健康保健証などの呈示があれば貸付をしてしまいますので、健康保健証はしっかりと管理しましょう。

保証人として支払ったお金を債務者から取り返すことは出来るのか

(連帯)保証人には『求償権』というものがあって、自分が債務者の代わりにサラ金業者にお金を支払ったという場合は主たる債務者に対してその分のお金を求償することが可能です。

また、自分以外にも連帯保証人がいるというような場合には、連帯保証人の頭数で割った分については他の連帯保証人に請求することができます。しかし、現実的には主たる債務者や他の連帯保証人に資力がない場合がほとんどでしょうからお金を回収するということは極めて困難といえるでしょう。なお、主たる債務者が自己破産をしている場合は求償権を行使してお金を回収するということはできません。

保証人が支払えなくなった場合はどうしたらいいのか

この場合は、保証人にも債務整理をする必要がでてきます。
保証人は債務者に支払能力がないのであれば、サラ金業者から支払請求を受けてしまいます。もし債務者が自己破産したとしても、保証人にはなんら影響はありませんので、保証人も債務者と同じように支払い能力が無い場合は、保証人も任意整理や自己破産などの債務整理手続きを取らなければならないと言う可能性が出てきます。

友人に勝手に保証人にされた場合には支払義務はあるのか

勿論勝手に保証人にされても支払義務はありません。
保証契約というのはサラ金業者との契約となっていますので、業者に対してあなた自身が(連帯)保証人になる旨の意思表示をしていなければ支払義務はありません。

通常ならば、契約書や借用書などの(連帯)保証人欄に本人が署名・押印することによって(連帯)保証契約というのは成立しますが、時と場合によっては、サラ金業者が(連帯)保証人になるかどうかという旨を直接電話で聞いてくる場合があります。

このような場合は、例え電話であっても一度(連帯)保証人になることを承諾したのであれば、返事をしたその瞬間から保証人としての責任を負いますのでかなり注意してください。なお、貸金業規正法では保証契約を締結した時は、契約書面を当該保証人に交付しなければならず、書面の交付がない場合は業者が100万円以下の罰金に処せられます。

いずれにせよ、(連帯)保証人を頼まれた場合は、泣き付かれてもはっきりと断るのが一番安全といえます。

最終更新日:2014/11/26