任意整理、自己破産、過払い請求などの情報が満載のサイト!

任意整理で人生整理
任意整理で人生整理

自己破産と家族の問題

家族に内緒で自己破産出来るのか

自己破産をしたとしても裁判所のほうから家族に直接連絡がいくことはまずありません。しかし、実際問題として、自己破産を申立てる際に裁判所のほうから同居家族の収入を証する書面や通帳のコピー等に関する資料の提出を求められることがありますし、債権者のほうからも家族へ連絡がいくことをありますので、家族に内緒で自己破産できる保障は無いと言えます。

無理をして隠して後でばれてしまうよりも、最初から正直に全部話をして家族全員で自己破産手続きを乗り越える方が良いでしょう。なお、同居していない家族であれば、自己破産をしたことが知られることはまずないといえます。

サラ金業者が夫の借金を妻に請求してくる場合

このような場合は、妻が夫の借金を支払う義務はありません。サラ金業者はよく、夫の借金を妻に請求して来るのですが、妻が夫の借金の保証人であるだとかもしくは連帯保証人になっていなければ夫の借金を妻が代わりに支払わなければならないという法的義務は実質的にありません。その根拠として、民法761条に『日常家事債務』について夫婦の連帯責任を定めた規定があります。

そこで説明されている内容として、『夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をして、これによって債務が生じた場合、他の一方も連帯して責任を負う』と定められています。

ここで説明している『日常家事』というのは、食料や医療など、生活必需品の購入や家賃・医療費、または教育費の支出などのことであって、夫が仕事上・職業上などの都合でサラ金から借金したりギャンブル・遊興費のためにサラ金から借金したりする場合は、日常家事債務とはいえないのです。

また土地建物の売買なども、一般的に日常家事に関する行為とは到底いえませんし、借金の返済のために別のサラ金業者からまた借金をするということがよくありますが、これに関しても日常家事に関する行為とはいえるものではありません。お間違えの無いように。

また、サラ金業者から借金をする場合に『生活費のため』とか『養育費のため』と言って借りるケースがよくあるそうですが、もし、仮に実際にそのように使った場合だとしても、サラ金の債務は一般的に考えてみても非常に高金利であり、更に取り立ても厳しいこと、妻に夫の借金の支払を請求するとするならば、業者はきちんと妻と保証契約を締結しておくべきことです、実際、サラ金業者からお金を借りるという行為は親戚・友人から借りると言うこととは行為自体の重みと言うものが全く違う、という理由により最近は、サラ金業者からの借金はその行為の客観的性質からも見て、いかなる場合も日常家事債務には該当することはないと考えられています。

以上のことからも、妻に夫の借金を払うという支払義務はないワケですから、その旨をきちんと業者に伝える事が何よりも重要です。

それでも取り立ててくる業者には、「内容証明」を使用して警告するのが良いでしょう。
内容証明を送ってもな執拗に取立てを続けてくるようでしたら、その業者を貸金業規制法違反で警察や検察庁に告訴することもできますし、監督行政庁(内閣総理大臣・都道府県知事)に営業停止・登録の取消しなどの行政処分を求める申し立てを行うこともできます。

離婚すれば夫(妻)の借金は支払わなくても良いか

この場合、連帯保証人になっていれば離婚していても支払わなくてはなりません。そもそも、夫婦であっても原則的には自分が(連帯)保証人になっていない限り法的な支払い義務はありません。しかし、(連帯)保証人になってしまっている場合はたとえ離婚をしても保証人としての責任は残ってしまいますので支払義務があります。

したがって、離婚をしたからといって借金の支払義務がなくなるということはありません。

夫(妻)の死亡で相続人は借金を支払わなくてはならないのか

この際は、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続破棄の申し出をしたら問題ありません。債務者である夫(妻)が死亡した場合は、生存中とは異なり(連帯)保証人になっているのかどうかにかかわらず、その相続人である妻(夫)や子供は借金を相続するので注意が必要です。ただし、いったんは相続しますが放棄することもできます。つまり、相続人は被相続人(亡くなった人)の死亡および借金の存在を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をすれば借金の支払義務を免れることができます(民法915条、938条)。ですから、夫(妻)が多額の借金を抱えたまま死亡し、他に目ぼしい財産もないような場合は相続放棄をするのがいいでしょう。

recommend

下鴨神社で結婚式を挙げる
http://www.kyotojinjakon.jp/

Last update:2015/8/12